*

本人が一番大変

破産の際に持っている借り入れにあたってほかに保証人を立てているときには、事前に話をしておくべきです。

 

強調したいのですが、債務に保証人が付いているときは、自己破産以前に少し考える必要があります。

 

なぜならばみなさんが自己破産をして免責がおりると保証人になっている人がみなさんの義務を全部支払うことになってしまうからです。

 

ということから、破産申告前に保証する人に、過去の現在の状況を報告しお詫びの一つもなければならないでしょう。

 

それは保証人になるひとの立場からすると当たり前のことです。

 

あなた自身が自己破産をすることによりとたんに大きな負債が生じるのですから。

 

そうなるとすれば、そのあとの保証人になってくれた人の取るべき手段は以下の4つになります。

 

まず1つめですが、保証人自身が「すべてを弁済する」ということです。

 

あなたの保証人が多くの負債を問題なく返金できるといったようなお金を持っていればそうすることが選択できます。

 

しかしながらあなたは破産宣告せずに保証人自身にお金を貸してもらって、あなた自身は保証人となる人に毎月返すという方法も取れるかと思います。

 

その保証人が良いパートナーである場合はある程度返済期間を繰り延べてもらうことも問題ないかもしれません。

 

いっぽうまとめて返済ができない場合でもローン業者も相談により分割での返金に応じるものです。

 

保証人となっている人にも破産による整理をされてしまうと、貸金がまったく返ってこないことになりかねないからです。

 

保証人がその返済額を全部払う経済力がなければ、借金したまた同様にある中から借金の整理を選択することが必要です。

 

2つめの方法は「任意整理をする」処理です。

 

貸方と相談する方法でおおよそ5年弱の期間内で返済していく方法になっています。

 

この問題で弁護士にお願いするときのかかる経費は債権者1社につき4万円。

 

合計7社からの契約があれば28万必要になります。

 

相手方との話し合いは自分でやることもできないことはないかもしれませんがこの面での知識のない素人の場合債権者側が確実に有利な条件を投げてくるので注意が必要です。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

ただ、任意整理を行うとしたとしても負債を立て替えてもらうことを意味するわけですから借りた本人は長くかかるとしてもあなたの保証人に返済を続けていく必要があるでしょう。

 

さらに3つめはその保証人も返済できなくなった人と同じように「破産宣告する」という方法です。

 

あなたの保証人も借金した人と同じように破産を申し立てれば、保証人となる人の負債もチャラになります。

 

しかし、保証人である人がマンション等を所有している場合はそれらの私財を没収されますし、資格制限のある業務に従事している場合影響を受けてしまいます。

 

そのような場合は、次の個人再生を検討することができます。

 

一番最後の4つめの方法は、「個人再生をする」ことです。

 

マンション等の不動産を残したまま債務整理をする場合や自己破産では影響が出る仕事に従事している場合に有効なのが個人再生による整理です。

 

この方法なら、自分の住宅は処分しなくてもよいですし、破産手続きの場合のような職種制限資格に影響する制限等は一切かかりません。

 



コメントする