*

不動産

住宅ローンで多重債務

民事再生は住宅ローンなどを含めた多重債務に困っている債務者を対象として、住宅を手放さずに経済面でやり直すための債務整理の道としてスタートしたルールです。

 

この制度には、破産宣告とは違って免責不許可となる要素はないために、競馬などで借金したのであってもこの方法はできますし破産宣告をした場合は業務禁止になってしまうようなポストで生計を立てているような人でも手続きは検討できます。

 

破産手続きでは、住居を手元に残すことは不可能ですし、任意整理等では、元金そのものは完済していくことが求められますので住宅ローンなども払いながら支払い続けるのは現実問題として簡単ではないでしょう。

http://plaza.rakuten.co.jp/kawahiro2013/

とはいえ、民事再生という手順を取れれば、住宅のローン以外の借金は相当な場合においてカットすることもできますので余裕を持ちながら住宅のためのローンを払いながら残りの債務を返済していくようなことができるということです。

 

ただし、民事再生は任意整理や特定調停といった処理と異なって一部分の借金を切り取って処理していくことは許されていませんし、自己破産に適用されるように元金それ自体消滅するわけではありません。

 

さらに、そのほかの手続きと比べると手順が簡単ではなく時間もかかりますので、住宅のためのローンがあり住居を手放せないような場合等以外において破産手続き等といった他の方法がない場合の限定的な処理と考えた方がいいでしょう。