*

二国間の通貨

スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを上げる取引です。

http://imohir.meblog.biz/

買ったり売ったりの値は、動いています。

これが為替市場です。

 

テレビのニュースをみていると、外貨の為替相場のニュースが流れる場面があります。

 

よくあるのが「今のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表現しています。

 

要するに、売り買いには買値と売値の2つの価格が存在している事を表しています。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示する業者も存在しています。

 

一般的に売値が買値よりも小さく決定されています。

 

自分が買値は高く、売値は低くなるものです。

その差額をスプレッドといい、取引業者の収入とされています。

 

スプレッドの幅はFX会社によって異なります。

スプレッドの幅は自分にとって手数料になるので、低いFX会社をピックアップするほうが有利になります。

 

ただし、場合によってスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。

仮にいつもは円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの狭さだとしても、為替の変化がとても激しい状況では1銭よりも広くなる事があります。

 

ですから、スプレッドが小さいのと同時に、変化が少ない事が不可欠です。

 

この頃では固定でスプレッドの幅を示すFX取引会社も多数存在しています。

 

実際に取引会社の売買画面の上でリアルな市場を見て確認しなければ区別できないので面倒ですが重要な事です。

 

貴重な財産を投じて売買をするのですから、本物の取引の前に、興味を持った取引会社の取引口座開設をいくつもして示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ外貨でも、外国為替市場の状態によって通貨ペアのスプレッドの狭さは変わることがあります。

 

普通は、銀行間取引市場で取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、残りの通貨ペアではスプレッドが広くなる事があります。

 



コメントする